春に摂ると良い食材のおはなし

この記事は2分で読めます

みなさんは春というとどんなイメージがありますか?
ポカポカと暖かくて、なんか眠い季節。

色とりどりの花が咲き乱れてウキウキする季節。

花粉症に悩まされる苦手な季節。

それぞれの春があります。

わたしがイメージする春は

新しい命が生まれ、新しい体に生まれ変わってゆく蘇りの季節。

今回は、 この時期におすすめの食材をご紹介します。

 

1.デトックスの季節なので、それに合った食材を摂ること

冬の間にため込んだ不要なものをデトックスしましょう。

デトックスに適した食材といえば、セリ、クレソン、たけのこ、菜の花、ふきのとうなどの苦味のあるもの。

知らない内に体に溜まっている重金属(水銀やカドミウム、鉛など)

これらを排出するのに必要な栄養素といえば、

硫黄と亜鉛です。

硫黄を多く含む食品は卵・鶏肉・にんにく・

たまねぎ・ねぎ・にらなどのニオイが少しキツイもので。

2.気の巡りが良くなる食材を摂ること

 

セロリ、たらの芽、春菊、菊の花、パクチー、春菊、セリ、菜の花などがオススメです。

またグレープフルーツなどの柑橘系のものを摂るのも良いですね。

春は東洋医学では五行の「木(もく)」に

五臓では「☆肝(かん)」に相当します。

 

☆肝というのは肝臓という意味ではなく、

自律神経、新陳代謝などを司る器官になります。

春になるとイライラしたり、気持ちが不安定になるのは、

この肝の機能が高まっているからなんですね。

血圧が高くなったり、頭痛、目の充血、めまいなども起きやすくなります。

不眠で悩む方も出てきます。

 

 おすすめの薬膳メニュー

春の薬膳デトックス鍋
≪材料 (4人分 )≫

イカ      1杯
鶏もも肉   1枚
生姜     1かけ
大葉     10枚
せり      適宜
三つ葉    適宜
※クレソン  適宜
天然塩    少々
片栗粉    適宜
お出汁 昆布だし
ポン酢、塩レモンORレモンソルト

※クレソンには、血液サラサラ効果もあります。
鶏肉で補気、イカで補血をします。
この時期は血を補うことに気をつけてくださいね。
これが、5月病を防ぐことにもなります。

≪つくり方≫
①イカと鶏肉、生姜、大葉を塩一つまみを
一緒にフードプロセッサーにかけます。片栗粉を
少しいれるとまとまりやすくなります。

②せりはよく洗い、根付きのまま3等分に切ります。
他の野菜も洗って、適宜切っておきます。

③お鍋にお出汁をとり、塩を一つまみいれます。

④①のタネをスプーンですくい、お出汁に落としてゆき  ます。

⑤お野菜を入れてます。あまり煮過ぎない方が歯ごたえ が楽しめます。

⑥つくねに火が通れば出来上がりです。

⑦ポン酢でお召し上がりください。お好みで塩レモンを いれてもさっぱりして美味しくいただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。